FC2ブログ

プロフィール

Minamikaze

Author:Minamikaze
みなみ風メンバーの徒然なるブログです。
働きながら歌い続けている折々に見聞きしたこと、想うこと・・
気まぐれに、でも真摯に


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


RSSリンクの表示


Counter

3.14設置

DATE: CATEGORY:Mus
浜名湖フォークジャンボリーへの僕らみなみ風の想いを少し・・。

初日(10日)最後から二番目の出演です!みなみ風!!
浜名湖フォークジャンボリー公式ブログ出演者紹介ページ


僕らは、学生時代の音楽サークルの仲間として出会った。折しも1980年!

僕らはその頃、テレビやラジオ、雑誌を中心にフォークソングやニューミュージック(と言われてた)を聞き育ってきた。

学生時代サークルに入ってみると、先輩方から脈々と?引き継がれた「歌集」があって、その中には、いわゆる「関西フォーク」の生活や生きるための闘いやら、素朴な日常やらを飾らない言葉で唄ったであろう数々の曲。

また、もう僕らが入学したころには無くなっていたけれど、「春一番コンサート」や各地で行われた「フォークキャンプ」「うたの里」なんかの音源と楽譜もあった。

僕らは僕らの未来について「あの頃」確かに語り合い、唄い、笑い、涙した。まさに青春そのものだった。

僕らが今回浜名湖へ持っていく曲の1曲目は、僕らが学生時代に共に大好きだったこのうたです。

「うろこ雲の絵」詞・曲;西岡たかし(五つの赤い風船)

・・時計の針が 刻むのは 終わりを告げる時間ばかり・・

・・心の中に 響く調べは 愛の唄で ありたい・・


こう結ばれるこの「うろこ雲の絵」

僕らは「刻まれた」「終わりを迎えた過去」の一番前で、前を向き続けたいという想いで生きてきたんだ!
そして、この「今」は「あの頃」としっかり繋がっている。
そういう想いをこめて、みなみ風のステージをこの曲で始めたいと思います。


今日のネットネタ?
タイのCMです。言葉わかんないですけど、何言っているかよーくわかります。
泣かせてくれます。

調べてみたらちゃんとありました!この動画のセリフを翻訳してくれてます。
ご参考にどうぞ!

リンク先;kokusai i Blog
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 みなみ風 きまぐれblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ